月別アーカイブ:2019年07月

ローラーで手軽に塗れる漆喰塗料とは?その塗り方も解説

ノウハウ 特集記事

ローラーで手軽に塗れる漆喰塗料とは?その塗り方も解説

漆喰は消臭効果や耐火性能が高く、独特の風合いもあるため、人気の内装材です。 でもDIYで漆喰を塗るのは難しいものです。 ・自分でやってみたけど、きれいに仕上がらなかった ・挑戦してみたいけど、うまく塗れる自信がない という経験やお悩みがある人も多いことでしょう。 そんな方におすすめなのが、漆喰塗料です。 漆喰塗料は、漆喰と同様の性質を持ちながらも、ローラーで簡単に仕上げられる内装建材。 DIYに慣れていない方でも簡単に施工できるのが特長です。 この記事では漆喰塗料のメリットと塗り方についてわかりやすく解説 ...

壁のリフォームをペンキでDIY!その方法・費用・注意点を詳細解説

基礎知識 特集記事

DIYで内壁をイメチェン!目的別に素材を使い分け

壁は、お部屋の印象を大きく左右します。壁を変えるだけで、印象が変わるため、「家全体をリフォームするほどの予算はないけど、DIYで壁を変えようかな」と考えている人も多いでしょう。 でも、DIY初心者なら「キレイに仕上げられるかな?」「大失敗したらどうしよう?」と心配で、なかなか踏ん切りがつかないですよね。 そこで、この記事では、DIY初心者でも簡単に行える方法をご紹介していきます。壁のDIYに挑戦してみたい方は参考にしてください。 初心者が挑戦しやすいDIYのポイント この記事では、初心者におすすめの2つの ...

シックハウス症候群とも関連!F☆☆☆☆(エフ・フォースター)の塗料とは?

基礎知識

シックハウス症候群とも関連!F☆☆☆☆(エフ・フォースター)の塗料とは?

ホームセンターで塗料を購入する際に、F☆☆☆☆(エフ・フォースター)のマークを見かけて気になっている方もいるのではないでしょうか? 実はF☆☆☆☆は、健康と深い関係があるマーク。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの発散量に大きく関係しているのです。 家族の健康を願い、自宅には少しでも体に良いものを使用したいと思うのは当たり前のことですよね。 この記事では、F☆☆☆☆を参考にした塗料の選び方とシックハウス症候群の予防について解説します。 F☆☆☆☆(エフ・フォースター)とは F☆☆☆☆は、シック ...

【耐久性・吸放湿性・施工性を比較】和漆喰とヨーロッパ漆喰の違い

基礎知識 特集記事

【耐久性・吸放湿性・施工性を比較】和漆喰とヨーロッパ漆喰の違い

屋外も屋内も、漆喰の壁は人気ですよね。新築やリフォームで漆喰を検討している人も多いことでしょう。でも、実際に情報収集を始めると、漆喰にもさまざまな種類があることに気づくはずです。 漆喰は大きく「和漆喰」と「ヨーロッパ漆喰(西洋漆喰)」に分けられるだけでなく、さらに、その中でも種類があるのです。 最適な漆喰を選んでいただけるよう、この記事ではそれぞれの漆喰の特徴と違いについて解説します。 和漆喰とヨーロッパ―漆喰(西洋漆喰)の比較 まずは、和漆喰と西洋漆喰を比較してその特徴を解説します。 原材料 和漆喰は、 ...

長く漆喰を楽しむために知りたい!漆喰壁の基本的なお手入れ方法!

その他 ノウハウ 特集記事

長く漆喰を楽しむために知りたい!漆喰壁の基本的なお手入れ方法!

漆喰は外壁材として良く利用されていましたが、近頃は室内の壁にも使用される機会が増えました。その理由は、防火性・防カビ性があり、汚れにも強い特長を持っているからです。また、調湿効果もあるため、家族の健康を考えている方からも人気を集めています。 さてその漆喰、耐用年数が比較的長いだけにメンテナンス方法が気になるところです。長く美しい状態を保つためには、日頃のお手入れはどうすればいいのでしょうか? この記事では、漆喰壁のお手入れのコツを、ポイントを押さえて簡潔に解説します。 お手入れが簡単!漆喰の特徴 &nbs ...

壁を剥がしてDIY!クロス・塗り壁・タイル・壁板の剥がし方を解説

キッチン トイレ ノウハウ リビング 寝室 特集記事

壁を剥がしてDIY!クロス・塗り壁・タイル・壁板の剥がし方を解説

「DIYで壁に漆喰を塗ってみたい!」と考えても、既存の壁材をキレイに剥がすことができるのか不安に感じている方もいると思います。壁材の種類に応じて剥がし方は異なり、難易度も変わってくるのです。そのため、キチンと剥がすことができるのか確認して、正しい手順で剥がすようにしましょう。 この記事では、8種類の内装壁材の特徴と剥がし方について詳しく解説します。 これから、DIYを検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 8種類の内装壁材の特徴 室内の印象を大きく左右する内装壁材は、8種類に分類でます。 クロス( ...

【漆喰壁】下地処理が必要な場合と処理方法について

ノウハウ

【漆喰壁】下地処理が必要な場合と処理方法について

下地処理は、漆喰塗装のキレイな仕上がりに欠かすことができません。 下地処理の目的は、壁の穴やつなぎ目をフラットにすること。でも、それだけではないのです。 目的をきちんと理解しながら作業することで、より失敗の少ない塗装ができるでしょう。 この記事では、下地処理の意味や処理方法、注意点について解説します。 漆喰塗装のDIYに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。 漆喰の塗装前に下地処理が必要な場合   漆喰の塗装前に下地処理が必要な場合は、次の通りです。 壁に穴やつなぎ目がある場合 漆喰にはさまざ ...

シーラーを塗らないとどうなる?

基礎知識 特集記事 玄関

漆喰壁をひび割れさせる、3つの原因とは?予防方法もまとめて解説

漆喰で塗られた壁は白く美しいということで、世界中で親しまれています。 しかし時にはひび割れしてしまうこともあり、「せっかくの美しい壁が台無しだなあ」と感じたことがある人も多いでしょう。 漆喰壁を塗る際は、ひび割れないようしっかり対策しておきたいですよね。 この記事では漆喰壁がひび割れしてしまう原因と、その予防策を分かりやすく紹介します。 この記事のポイント 漆喰がひび割れする原因が分かる ちょっとした塗り方のコツで対策できることが分かる 漆喰を塗る季節も重要だということが分かる   漆喰壁にひび ...

【粉漆喰の練り方のコツ】色ムラやダマを防ぐ注意点を解説!

ノウハウ 特集記事

【粉漆喰の練り方のコツ】色ムラやダマを防ぐ注意点を解説!

漆喰塗装のDIYが人気を集めています。 実際に挑戦してみようと考えて、塗り方を調べている方もいることでしょう。 でも、漆喰は塗り方も大切ですが、実は練り方も同じくらい大切なのです。 練り方を間違えてしまうと、ダマになってしまい、滑らかでツヤのある壁に仕上がりません。 また、色物の漆喰塗装を行う場合は発色が悪くなったり色ムラができたりしてしまいます。 この記事では、粉漆喰の正しい練り方について説明します。ぜひ、参考にしてみて下さい。 粉漆喰の特徴 粉漆喰の練り方を説明する前に、粉漆喰と練り漆喰(練り済み漆喰 ...

漆喰壁をカビさせない!4大好物と3大原因を知って予防&対策を

基礎知識 特集記事

漆喰壁をカビさせない!4大好物と3大原因を知って予防&対策を

漆喰は昔から塗り壁などで使われている人気の壁材です。 抗菌性能はあるものの、時にはカビが問題になってしまうこともあります。 「新しい漆喰は素敵だけど、古くなって黒ずんでいるのもよく見かける」 「漆喰はカビ対策が大変そう」 という理由で、漆喰を選択することを諦めかけている方も多いことでしょう。 たしかに漆喰のカビは不可抗力なこともありますが、対策をすればある程度は防げます。 この記事では漆喰壁にカビができる原因と予防策をわかりやすく解説していきます。 適切なカビ対策をすれば、美しい漆喰壁の寿命を延ばせますよ ...

漆喰壁のメンテナンス

基礎知識 特集記事

漆喰(塗り壁)のメンテナンス方法

漆喰の塗り壁は耐久性が非常に高いということはご存知ですか? 漆喰は、施工後、年月を経るにしたがい空気中の二酸化炭素と化学反応し徐々に硬化し石化していきます。そして、100年かけて主成分である石灰石に戻ると言われています。 つまり、年月とともに劣化していくのではなく、逆に年々時間と共に耐久性と強度を増していき割れにくくなっていくのです。 これを漆喰の再石灰化現象と呼びます。   漆喰(塗り壁)のメンテナンス方法 漆喰がどれほど耐久性が高いとはいえ、100年間メンテナンスが不要というわけではありませ ...

土佐漆喰

基礎知識 特集記事

漆喰(しっくい)とは?

漆喰(しっくい)とは、壁の上塗り、瓦や石材の接着や目地の充填に使用される建材のことです。漆喰の主原料は水酸化カルシウム(消石灰)で、消石灰はカルスト層から採取される石灰石から作られています。資源が少ない国と言われる日本でも石灰石は唯一自給自足できる資源と言われています。ちなみにこの消石灰みなさんも学校の運動場でよく目にしたのではないでしょうか?そうですあの白いラインを引く粉がまさに消石灰なんです。 漆喰の語源は、江戸時代に「石灰」を唐音読みで「しっくい」と呼んだことが始まりといわれています。また「漆喰」と ...

Copyright© DIY CHALLENGE , 2020 All Rights Reserved.