NEWS

テレワーク対応!賃貸向け折り畳みテーブルをDIYでつくろう!

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークになった方もいるでしょう。

ビズヒッツが実施した調査「リモートワークの悩みに関する意識調査」では、「家族がいて集中できない」「集中力が続かない」「仕事環境が整っていない」などの悩みがあるようです。デスクワークを新たに購入して設置すると、スペースを取ってしまいます。

そのようなワークスペースが確保できない方は、便利な折り畳みテーブルを作ってみてはどうでしょうか?ここでは、賃貸向け折り畳みテーブルをDIYで作る方法をご紹介します。

DIY FACTORYとは

(出典元:https://www.diyfactory.jp/)

DIY DACTORYとは、提案型通販サイトです。DIYアドバイザーの資格を保有するDIYショップ元店長が提案するDIY初心者でも簡単に作れるDIYレシピが公開されています。

さまざまなDIYレシピが紹介されていますが、材料もお手頃な価格で購入できるため、誰でも気軽に楽しむことができると話題を集めているDIYサイトです。

ぜひ、DIYに興味がある方は「DIY FACTORY」をチェックしてみてください。今回は、DIY FACTORYで紹介されている「折り畳みテーブル」の作り方をご紹介します。

折り畳みテーブルDIY:必要なもの

(出典元:https://www.diyfactory.jp/shop/product/c0034)

賃貸向け折り畳みテーブルを作るためには、以下の物を準備します。

[材料]

  • 天板(300×600mm)
  • 脚2本(650mm)
  • 棚受け金具(1セット)
  • インテリアウォールバー

[道具]

  • ドライバー
  • 紙やすり
  • マスキングテープ

折り畳みテーブルDIY:作り方

折り畳みテーブルDIYに必要な道具を揃えたら、早速、折り畳みテーブルを組み立てていきましょう。組み立て方は以下の通りです。

1.テーブルの脚にインテリアウォールバーを取り付ける

(出典元:https://www.diyfactory.jp/shop/product/c0034)

650mmの2×4木材、脚の裏側にインテリアウォールバーのパーツを取り付けます。取り付ける際は、パーツの向きに気をつけましょう。

また、脚の下にパーツを取り付ける際は、下過ぎに取り付け過ぎないように注意しましょう。下過ぎに取り付けてしまうと、巾木にぶつかってしまいます。

2.脚を仮置きします

(出典元:https://www.diyfactory.jp/shop/product/c0034)

天板を設置するために、脚を仮置きします。天板は300mm×600mmなので、2脚の幅が600mmになるように仮置きします。仮置きをしたら、マスキングテープで目印を付けておきましょう。

3.壁にインテリアウォールバーを取り付ける

(出典元:https://www.diyfactory.jp/shop/product/c0034)

脚を固定するために、壁側にもインテリアウォールバーを取り付けます。壁側パーツをクロスピンで取り付けましょう。壁側パーツを取り付けたら、脚側に付けたパーツと合体させます。

4.折り畳み棚受け金具を取り付ける

(出典元:https://www.diyfactory.jp/shop/product/c0034)

脚を壁に固定できたら、折り畳み棚受け金具を取り付けていきます。まずは、脚側からネジで留めていきます。

金具の向きは、折れ曲がる軸が付いている方が天板側になるため、向きを間違えないように注意しましょう。脚側に金具を取り付けたら、天板もネジ留めしていきます。天板を上から押さえながらネジ留めすると、キレイに仕上がります。

補足:塗装は組み立て前に行おう

オリジナル折り畳みテーブルに仕上げるために、塗装をしたいという方は、組み立て前に塗装をしましょう。また、組み立てる前に木材にやすりがけをすると、なめらかな手触りになります。ぜひ、自分好みのオリジナルテーブルに仕上げてみてくださいね。

折り畳みテーブルDIY:注意点

2×4木材の脚を原状回復可能なインテリアウォールバーで壁に取り付けることで、シッカリと棚受け金具を固定できるようになり、賃貸でも使用できる折り畳みテーブルが作れました。

本当の柱に取り付ける方法とは異なるため、体重を乗せたり、負荷を与えるとインテリアウォールバーのパーツが落下してしまう恐れがあるため注意しなければいけません。

しかし、リモートワークの作業台として十分に使用できる強度はあるため、正しい方法で使用をしましょう。

DIY FACTORYを楽しもう

今回は、DIY FACTORYがご紹介している賃貸物件向けの折り畳みテーブルの作り方をご紹介しました。賃貸物件は気軽にDIYできないことが最大の悩みですが、そのような悩みもインテリアウフォールバーのカスタムパーツで解決。

作り方は、非常にシンプルで材料費も5,000円前後で用意できるため、誰でも気軽に作ることができるDIYアイテムです。

リモートワークの作業を始める際はテーブルを広げて、作業しないときは折り畳めば、限られたスペースでも、ゆったりした空間を手に入れることができるはずです。

DIY FACTORYは、折り畳みテーブルの他にも、さまざまな魅力あふれるDIYアイテムレシピが公開されています。どれも気軽に作れるアイテムばかりなので、ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

-NEWS
-, ,

Copyright© DIY CHALLENGE , 2021 All Rights Reserved.