工具 特集記事

【漆喰の評判調査】ひとりで塗れるもんのメリット・デメリットを大紹介

“ひとりで塗れるもん”とは

DIY漆喰は、さまざまなメーカーの商品が販売されています。DIY初心者の方であれば「塗りやすい漆喰はどれだろうか…」「選ぶ際のコツはあるのだろうか…」と悩んでしまうこともあるでしょう。そのような悩みを抱えているDIY初心者の方には”ひとりで塗れるもん”がおすすめです。
この記事では、ひとりで塗れるもんのメリット・デメリットを紹介します。ぜひ、漆喰の購入を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

“ひとりで塗れるもん”とは

まずは、ひとりで塗れるもんとは、どのような漆喰なのかについてご紹介します。

DIYに適した室内用の塗り壁材

ひとりで塗れるもんは、炭酸カルシウムを主成分とした漆喰です。従来の漆喰の機能もありますが、天然ミネラルファイバーやEVA樹脂が若干量含まれていることが他製品と大きく異なる点です。これらの樹脂を含めることで、DIY初心者でも塗りやすい固さや伸びを実現している漆喰です。

業界No.1のコスパを目指すオン・ザ・ウォール

ひとりで塗れるもんの製造会社は、株式会社オン・ザ・ウォールです。建築塗装で業界No.1のコストパフォーマンスを目指している製造会社です。2011年に設立されたばかりで、他社と比較すると会社の歴史が浅いですが、圧倒的なコストパフォーマンスで注目を集めています。

“ひとりで塗れるもん”のメリット

ひとりで塗れるもんが、どのような漆喰か理解頂けたと思いますが、メリット・デメリットについて確認しておきましょう。まずは、メリットをご紹介します。

EVA樹脂配合で高い強度を実現

(引用元:https://www.kabe.xyz/paint/hitoride-11kg.html)

ひとりで塗れるもんには、他製品には含まれていないEVA樹脂が配合されています。この樹脂を配合することで高い強度が実現できて、DIY初心者でも簡単に塗ることができるようになっています。施工のしやすさのために配合された樹脂ですが、ベビー玩具にも使用されている樹脂のため心配する必要は何もありません。

洋服に粉がつかない漆喰

粉漆喰を練り上げるときは、粉が部屋を舞います。洋服などに付着すると、なかなか粉を振るい落とすことができません。その一方で、ひとりで塗れるもんは、ペースト状に練り込まれた状態でペール缶に入って届くので、開封したらすぐに塗ることができます。そのため、粉が部屋中を舞うようなことはありません。

個性的な仕上げを実現

他社の漆喰で含まれている骨材が含まれていないため、なめらかな質感に仕上がります。お好みで骨材や硅砂、藁すさを混ぜたり、水性塗料でペイントしたりすると、個性的な仕上がりになります。

調湿効果等の高い機能性

ひとりで塗れるもんは、炭酸カルシウムを主成分とした自然素材系の材料です。そのため、従来の漆喰同様に調湿機能等の高い機能性を持っています。また、弱アルカリ性の漆喰であるため、カビにくくホコリもつきにくい特徴があります。

豊富なカラーバリエーション

(引用元:https://www.kabe.xyz/paint/hitoride-11kg.html)

カラーバリエーションを他社製品と比較すると、圧倒的なラインナップ数です。ピュアホワイト・ナチュラルベージュ・リーマンライトベージュ・ゴッツピンク・こけむらさき・ゴージャステラコッタ・頑固ブラウン・カーミーブラウン・スマートブルー・フルーティーベージュ・ヴィクトリアグリーン・バウミントの12色を展開しています。

リーズナブルな価格

ひとりで塗れるもんの大きな特徴は、価格も良心的です。4kg・11kg・27kgの3種類の商品が登場していますが、最も大きな27kgの1kg当たりの価格は467円。他社製品と比較すると圧倒的に安いDIY漆喰です。

“ひとりで塗れるもん”のデメリット

次に、ひとりで塗れるもんのデメリットをご紹介します。

純漆喰ではない

ひとりで塗れるもんは、施工しやすくするために天然ミネラルファイバーやEVA樹脂が配合されています。どちらも安全性の高いため、安心して使用できますが、純漆喰ではありません。調湿機能はありますが、純漆喰でないとダメという考えの方には不向きです。

使用前に練る必要がある

天然ミネラルファイバーやEVA樹脂が配合されているため、そのまま壁に塗ってしまうと色ムラができてしまうことがあるようです。そのため、使用前には軽く全体を練る必要があります。

他製品と比較すると認知度が低い

ひとりで塗れるもんの製造会社オン・ザ・ウォールは、2011年に設立されたばかりの会社です。他製品の製造会社は長い歴史があり多くの方に認知されていますが、ひとりで塗れるもんは、まだ認知度がそこまでありません。

“ひとりで塗れるもん”の口コミ・評判

こでまで、ひとりで塗れるもんのメリット・デメリットについて解説してきましたが、実際に利用した方からの評判はどうなのでしょうか?ここでは、ひとりで塗れるもんの口コミ・評判をご紹介します。

「DIY初心者でも簡単に塗れる」

本当にひとりで塗ることができました。他製品の漆喰と違って、誰が塗ってもそこそこの仕上がりになる漆喰だといいます。家に遊びに来るお客様に「私の家の壁も塗って」とせがまれて困っています。

「硬い漆喰で塗りやすい」

使用した感想ですが、漆喰が垂れてくることもなく非常に塗りやすかったです。子供も一緒に参加して楽しむことができて思い出にもなりました。ムラを綺麗に仕上げなくても乾くと模様のようになって、それはそれで気にもなりませんでした。

「カラーバリエーションが豊富で楽しい」

明るい色で部屋がとても明るくなりました。色もたくさんあったので、他の色も塗ってみたいです。次は紫色を寝室に塗ってみたいです。

【結論】DIY初心者の方におすすめの“ひとりで塗れるもん”

ひとりで塗れるもんは、施工がしやすいように天然ミネラルファイバーやEVA樹脂が配合された商品です。そのため、小さなお子様でも簡単に塗ることができます。「壁の塗り替えを自分でしたいけれど、DIY初心者で不安…」という方は、ぜひ、ひとりで塗れるもんの漆喰を選んでみてください。

参考価格

内容量は11kgと22kgから選べ、公式サイトでの価格はそれぞれ以下です。

11kg:7,389円(税別)

22kg:10,926円(税別)

標準施工面積:4kg缶:3~4㎡、11kg缶:10~11㎡、22kg缶:20~22㎡

 

 

ひとりで塗れるもんの塗り方(YouTube)

 

関連記事

まとめ記事
DIY用の練済み漆喰って?練済み漆喰5商品も紹介

DIYで漆喰を塗りたいけれどうまく塗れるか不安な方も多いのではないでしょうか。 漆喰は高級感のある仕上がりから、塗ってみたいと考える人も多いですよね。 そんな場合には塗り具合が調整されている練済み漆喰 ...

続きを見る

 

-工具, 特集記事

Copyright© DIY CHALLENGE , 2020 All Rights Reserved.