キッチン

賃貸でも諦めないで!DIYで好みのキッチンにカスタマイズする方法

賃貸でも諦めないで!DIYで好みのキッチンにカスタマイズする方法

「タイルがキラキラ輝くキッチンに憧れる」「もっと収納スペースが欲しい」とキッチンに対する憧れを持ちながら、賃貸という理由で理想のキッチンを諦めていませんか?しかし、近頃は、賃貸でも楽しめるキッチンDIYがあるのです。この記事では、賃貸でもできるキッチンDIYをご紹介します。ぜひ、この記事を参考にしてキッチンのカスタマイズを楽しんでみてください。

賃貸でもキッチンDIYを楽しむ方法

賃貸のキッチンでも、さまざまな方法でDIYを楽しむことができます。ここでは、賃貸でもキッチンDIYを楽しむ方法をご紹介します。

1.家電をアレンジしてみる

建具や家具をリメイクするように、家電もリメイクすることができます。例えば、ナチュラルな板壁風リメイクシートを使用すれば、可愛らしくイメージチェンジができ、おしゃれ度がアップします。

また、ステッカーで英字を入れたり、マグネットの位置も工夫したりして、家電アレンジを楽しんでいるようです。

2.キッチンボードを彩ってみる

キッチンボードにマスキングテープやウォールステッカーを使用してDIYを楽しむ方もいます。とても楽しい雰囲気を演出できます。また、マスキングテープは、意外と水にも強いため、洗剤のついたスポンジで洗っても剥がれることはありません。

3.キッチン扉を外してみる

観音開き式の扉を閉めるときに左右がズレたり、引き出しを引っ張ると奥の部分が外れやすいなどの悩みだらけのキッチン扉を外してみても面白いです。キッチン扉を外して見せる収納を楽しむ方も増えています。扉を外すだけで、印象はガラリと変わります。

4.キッチン扉にシートを貼ってみる

キッチン扉のデザインが飽きたという人に人気のリメイクシートを貼れば、簡単にお部屋の模様替えができます。業者にリフォームを頼まなくても、簡単にキッチン扉をオシャレにすることができるのです。リメイクシートは、さまざまな種類があるので、理想のデザインが必ず見つかります。

5.ぴったりサイズの収納棚を作ってみる

キッチンカウンターの空間の寸法を測定してハシゴ棚を作ると棚自体がつっぱりになって固定され、ちょっとした収納棚になります。冷蔵庫の隙間などにも、ぴったりのサイズの棚を自分で作るとちょっとした作業台にもなります。

6.つっぱり収納で作業台を作ってみる

釘を打つことのできない賃貸のキッチンで活躍するのが、ホームセンターで買える2×4材を突っ張ることのできるアジャスター金具。この金具を使用すれば、オープン収納棚を作ることができます。

DIY事例(1):イメージチェンジ

キッチンの空間をガラリと変えたい方は、イメージチェンジDIYがおすすめです。ここでは、イメージチェンジDIY事例をご紹介します。

簡単に貼れるリメイクシート

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHISA(@chisa.comcom)がシェアした投稿 -


リメイクシートは裏面が粘着のシールタイプになっているため、ペタッと簡単に貼れることです。簡単に貼れますが安っぽく見えずに、オシャレに大変身させることができます。

剥がせるタイルで演出

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akiko Tsutsumi(@halfshellxx)がシェアした投稿 -


重厚感のあるタイルをキッチンに憧れる女性は多いですが、剥がせるタイルを使用すれば賃貸のキッチンにも貼ることができます。キッチンは、オシャレを演出するだけではなく、お部屋の負担を減らしたりする効果も得られます。

キッチンボードを彩るウォールステッカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウォールステッカーのDecoruno(@wallsticker_decoruno)がシェアした投稿 -


シールで壁を飾ることで部屋をデザインできるウォールステッカーは、オリジナリティ溢れる上質な空間を簡単に演出できる、とっておきのインテリアアイテムです。

DIY事例(2):収納棚DIY

収納スペースや作業スペースが欲しいという方は、収納棚DIYがおすすめです。ここでは、収納棚DIY事例をご紹介します。

ディアウォールを使用した収納スペース

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mika(@mika.re12)がシェアした投稿 -

DIYツール「ディアウォール」と木材を使用すれば、お部屋を傷つけずにアイデア次第で、自由に壁をレイアウトすることができます。耐荷重に対する強度もあるため、キッチンの収納スペースを増やしたいという方におすすめです。

有孔ボードを取り付けて収納力アップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

美愛 (@mck1226)がシェアした投稿 -


壁面収納として人気があるのが、有効ボードです。見せる収納としてオシャレで、取り出しやすい機能性もあります。しかも、穴が等間隔で空いていてサイズを調整しやすい可動式なので、生活シーンに合わせてパーツを変えることができます。

デッドスペースに収納棚

 

この投稿をInstagramで見る

 

縁 創建工房(@sokenkobo_en)がシェアした投稿 -


キッチンには、デッドスペースが存在します。デッドスペースに収納棚や作業スペースを作れば、広々と利用することができて便利です。

DIY事例(3):キッチンカウンター

キッチンがリビングから丸見えで恥ずかしいという方から人気なのが「キッチンカウンター」です。ここでは、キッチンカウンターのDIY事例をご紹介します。

目隠しにもなる枠カウンター

https://www.instagram.com/p/B9eNMgOhuD4/?utm_source=ig_web_copy_link

木枠のカウンターに目隠しを入れると、見せたくない物が上手く隠れて目線が気にならなくなります。パーテーション部分は背景になるので、グリーンや小物を置いても良い雰囲気になります。

お店のようなグラスホルダー

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yjh.houseがシェアした投稿 -

カフェやバーになるようなグラスホルダーをDIYすれば、実用的でオシャレなキッチンになります。ハンガータイプであれば穴あけ不要です。

大型のキッチンカウンター

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAMEちゃん(@mame.rahagishi)がシェアした投稿 -

キッチンカウンターが欲しいけれど高いという方の中には、自作でキッチンカウンターを作る人もいます。賃貸でも後付けすることができます。

まとめ

この記事では、賃貸でも楽しめるキッチンDIYをご紹介しました。リメイクアイテムを利用すれば、簡単にオシャレに仕上げることができます。キッチンの印象がガラリと変わると料理の時間も楽しくなるでしょう。ぜひ、興味を持ったDIYがあった場合は、キッチンDIYを楽しんでみてくださいね。

-キッチン
-,

Copyright© DIY CHALLENGE , 2020 All Rights Reserved.