New product

【漆喰評判】Gray tone stuccoメリット・デメリット

さまざまなDIY向け漆喰が販売されていますが、アンティークの雰囲気を演出できる漆喰として話題を集めているのが「Gray tone stucco」です。

Gray tone stuccoは、他の漆喰と何が違うのでしょうか?ここでは、漆喰「Gray tone stucco」のメリット・デメリットについてご紹介します。

漆喰「Gray tone stucco」とは

(出典元:https://kabegamiyahonpo.com/products/detail.php?product_code=jkkd-a-rockstc-magn-set)

漆喰「Gray tone stucco」は、壁紙屋本舗が販売している練済み漆喰です。塗り手の痕跡が織りなすグレーの陰影が風合いを醸し出し、マットなグレーの質感が幅広いインテリア背景にハマります。部屋の印象を大きく変える壁紙を商材として取り扱う壁紙屋本舗が開発しているため、漆喰の性能を備えながら、デザイン性を追求できる商品となっています。

漆喰「Gray tone stucco」のメリット

漆喰「Gray tone stucco」は売れている商品ですが、なぜ、人気を集めているのでしょうか?ここでは、漆喰「Gray tone stucco」のメリットをご紹介します。

美しいアンティークカラー

Gray tone stuccoは、グレーの陰影が美しくモノトーンやアンティーク、シャービックテイストの空間を作り上げることができる漆喰です。4色の微妙に異なるグレーの漆喰が販売されています。2色を使用して塗装すれば、コンクリート風の壁に魅せることもできます。

4つの高い機能

Gray tone stuccoも漆喰と同じ機能を持っています。調湿効果や抗菌効果、消臭効果、静電気防止効果などの機能性に優れている漆喰です。そのため、デザイン性に富んだ漆喰でありながら、高い効能も期待することができます。

漆喰を練る手間が省ける

Gray tone stuccoは、練り上がった物がダンボールの中に入っています。そのため、ダンボールの箱を開けたらすぐに使用することができます。グレー色の漆喰を自分で作る場合は、攪拌を念入りにしなければいけません。攪拌が足らなければ、色ムラの原因になります。しかし、最初から練り上がっているGray tone stuccoでは、そのような手間がかかりません。

漆喰「Gray tone stucco」のデメリット

漆喰「Gray tone stucco」にはデメリットもあるので注意してください。ここでは、漆喰「Gray tone stucco」のデメリットをご紹介します。

袋入りで使用しづらい

Gray tone stuccoはダンボールに入って届きます。漆喰は、内袋に包まれているのですが、薄い袋のため、漆喰が塗りづらいという声も多いです。施工のしやすさを考えるのであれば、漆喰を別の容器に移して使用してみても良いでしょう。

保存期間が短い

Gray tone stuccoは、開封後に早めに使い切ることが推奨されています。漆喰が乾燥すると色も変化してしまうため、色ムラを防止するためにも、可能な限り、1度で塗装を終えるようにしましょう。

メンテナンス時に色移りする

Gray tone stuccoを塗った壁に傷や汚れが付いた場合、濡れタオルで拭き取ろうとすると色移りがします。そのため、必ず乾いた布を用いて汚れを拭き取りましょう。また、傷や汚れが付いた場合は消しゴムを使用するとキレイにすることができます。

漆喰「Gray tone stucco」の口コミ・評判

(出典元:https://kabegamiyahonpo.com/products/detail.php?product_code=jkkd-a-rockstc-magn-set)

これまで、Gray tone stuccoのメリット・デメリットについてご紹介しました。実際に利用した人は、どのように感じたのでしょうか?ここでは、Gray tone stuccoの口コミ・評判をご紹介します。

カラーが素敵!

他製品で見かけることのない薄目のグレーです。部屋のリフォームを自分でしているため、オシャレな漆喰を探していたのですが、なかなか見つけることができませんでした。Gray tone stuccoさんは好みのカラー!イメージ通りに仕上がりました。

柔らかくて塗りやすい

塗り壁にチャレンジするのは初めてでしたが、柔らかくて塗りやすいです。2色使いすると味が出ると聞いたので使用してみたのですが、良い味が出ています。キレイに仕上がらなくても、コンクリート調の壁みたいに味が出てオシャレです。

DIY初心者の私でも、キレイに仕上げることができました。私のようなDIY初心者の方におすすめの漆喰だと思いました。

容器に移し替えるべき

ダンボールの中に袋が入っているため、漆喰が取りづらいです。バケツやパレットを用意した方がスムーズに作業が行えると思います。DIYの仕上がりが気になる方は、別の容器に移して使用してみましょう。

【結論】デザイン性が高い漆喰「Gray tone stucco」

今回は、漆喰「Gray tone stucco」のメリット・デメリットをご紹介しました。Gray tone stuccoは壁紙屋本舗が開発した商品で高いデザイン性が大きな特徴となっています。他製品では見かけないグレーのカラーが印象的の漆喰で、アンティーク調やシャビー調の空間に良く合います。漆喰の性能は維持しているので、デザイン性と機能性を兼ね備えた商品です。

しかし、デメリットもあるため、良く理解した上で商品を購入してみてください。実際に利用した人の口コミ・評判を参考にすれば、漆喰選びで失敗しないでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

 

-New product
-, ,

Copyright© DIY CHALLENGE , 2021 All Rights Reserved.